So-net無料ブログ作成
検索選択

「プロ家庭教師β」について

プロ家庭教師の情報ポータルサイト「プロ家庭教師ナビ」の公式ブログ「プロ家庭教師β」です。家庭教師のポータルサイト「家庭教師セレクト」が運営しています。プロ家庭教師の募集に関する情報や、プロ家庭教師の派遣センターの比較、個人契約のプロ家庭教師の紹介など。公式サイトでは書きにくいプロ家庭教師の実態なども掲載していく予定です。

家庭教師個人契約サイトの注意点

ネット上には家庭教師の個人契約・直接契約ができるサイトが沢山あります。「家庭教師個人契約」などの検索キーワードでヤフー検索してみると100以上の個人契約サイトが見つかります。

個人契約サイトを分類すると以下3つに分けられます。

(1)教師・生徒ともに仲介料無料のように一見見えるが、毎月教師から一定額を振り込ませているサイト

(2)広告収入がペースとなっているサイトで、教師・生徒ともに仲介料が完全無料のサイト

(3)生徒から先生が決まった時のみ料金を徴収し、月々の仲介手数料が発生しないサイト

1は論外です。利用者を騙しているこれらのサイトは、零細の家庭教師センターが本業が上手くいかなくなって、詐欺的な手法に手を出しているパターンです。「プロ家庭教師のみを無料で紹介する」と謳っている個人契約サイトもありますが、実態はサポートを全くしない「月々マージンをとる家庭教師センター」にすぎません。

2で有名なのは「家庭教師の総合情報」や「先生ナビ」です。3で有名なのは、学研の家庭教師の運営会社タートルスタディスタッフが運営している「アベル」です。

2・3の利用がお奨めですが、家庭教師センターのように身元確認・学歴確認を行っていないサイトが殆どですので、学歴詐称などのトラブルも少なからずあるようです。

多くのご家庭が大学生には(必ず携帯していると思われる)「学生証」の提示・確認を求めるので大学生家庭教師を探す際は比較的問題が少ないと思われます。

問題は社会人・プロ家庭教師です。卒業証書の提示を求めても「実家に置いてある」などの回答をして学歴を詐称しているケースがあるようです。個人契約サイトを見ているとAサイトでは「東京大学卒」だった人物がBサイトでは「北海道大学卒」に変わっていたりします。

プロ家庭教師・社会人家庭教師を個人契約サイトで探す場合は、必ず「卒業証明書」を取り寄せるように要請しましょう。

家庭教師の個人契約は、一般的に「後払い」ですので金銭トラブルはおきませんが、プロ家庭教師の中には「前払い」を要求する人もいるようです。「前払い」はトラブルの元ですので絶対に応じないようにしましょう。

その他の注意点としては、講師宅での指導は絶対に断ること、異性の家庭教師は断ること などです。

個人契約サイトは家庭教師センターを利用する場合に比べて安く済みますが、トラブルも起きやすいことを十分に理解して利用しましょう。



Copyright © プロ家庭教師β All Rights Reserved.
当サイト内のすべてのテキストの無断転載・無断転用は法律により固く禁じられています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。