So-net無料ブログ作成
検索選択

「プロ家庭教師β」について

プロ家庭教師の情報ポータルサイト「プロ家庭教師ナビ」の公式ブログ「プロ家庭教師β」です。家庭教師のポータルサイト「家庭教師セレクト」が運営しています。プロ家庭教師の募集に関する情報や、プロ家庭教師の派遣センターの比較、個人契約のプロ家庭教師の紹介など。公式サイトでは書きにくいプロ家庭教師の実態なども掲載していく予定です。

プロ家庭教師として安定した収入を得る為のポイント

プロ家庭教師として安定した収入を得る為のポイントは
・平日休みにして土日は働く
・大学受験生(浪人生)の案件を多くかかえる
・個人契約と派遣会社を上手く使い分ける
・受験生を指導して「合格実績」をつくる
・一回120分未満の案件は原則として受けない
・中高一貫校の中学生を指導する
の6点だと思います。

(1)平日休みにして土日は働く
家庭教師の主な指導相手は小学生~高校生の現役学生さんになりますので、指導できる時間帯が平日夜と土日に限られてしまいます。プロ家庭教師として安定した収入を得るには、その点を考慮した生徒獲得及びスケジュール設定をすることが重要です。移動時間を考えると、平日は現役学生さんの指導は1日1件~2件しかできません。土日ですと4件程度の指導も十分に可能です。週1~2回休みをとる場合は、土日ではなく平日休みとして、振替授業日として休みの日を利用すると良いでしょう。「土日は授業を受けたくない」という生徒さんも多いと思われますので、土日のスケジュールを先に埋めていくと良いかもしれません。

(2)大学受験生(浪人生)の案件を多くかかえる
平日の日中は現役学生さんを指導することができません。プロ家庭教師として安定した収入を得るには、平日の日中に浪人生や高認(旧大検)の生徒さんを出来る限り多く受け持つことが重要なポイントとなります。

(3)個人契約と派遣会社を上手く使い分ける
家庭教師センターを通すと、安定した仕事を割り振ってもらえますが、中間マージンが発生し、高収入が期待できない場合があります。派遣会社への登録と並行して、無料で掲載できる個人契約サイトに掲載し、高時給が期待できる個人契約の生徒さんを獲得しましょう。個人契約サイトの中には、生徒の利用は無料であっても講師側から毎月マージンを取っている「偽個人契約サイト」が多数ありますので、登録する際には十分に注意しましょう。

個人契約サイトだけでは全てのコマを埋めることは困難です。「大学受験生(浪人生)に対する平日の日中指導」のような依頼を定期的に獲得するのはさらに困難です。大手の家庭教師センターには、平日の日中指導の案件も沢山ありますので、複数の大手家庭教師センターに登録することをお奨めします。

⇒プロ家庭教師募集サイト(一括登録サイト)

家庭教師センターを通した指導の場合、実績を作ってセンターからの信頼を勝ち取れば、高時給の案件が回ってきやすくなります。

(4)受験生を指導して「合格実績」をつくる
「個人契約」の場合も、「家庭教師センターを通した指導」の場合も、実績作りが重要です。定期テストの成績を上げることに比べて、「○○大学○○学部合格」「○○中学合格」などの「合格実績」は分かりやすい<実績>となりますので、翌年度以降の生徒獲得が大変楽になります。積極的に受験生を指導して、「合格実績」をつくりましょう。

(5)一回120分未満の案件は原則として受けない
家庭教師の一回の指導時間は
・120分
・90分
・180分
の順番に多いと言われています。問題は「90分」授業です。塾講師と違って家庭教師の場合は、「移動時間」がかかりますので、一回の授業時間を多くすることもポイントです。180分の案件はあまり多くありませんので、120分の案件を中心に受けると良いでしょう。個人契約サイトを見ていると、「120分以上」と希望を記載しているプロ家庭教師の方を多く見かけます。

(6)中高一貫校の中学生を指導する
プロ家庭教師として安定した収入を得るには、長期間継続可能な生徒さんを指導することも重要なポイントです。中高一貫校の中学生の生徒さんを指導すると、長期間依頼される場合が多いですし、長いスパンで指導できますので、ご家庭との信頼関係も構築しやすいと思われます。



Copyright © プロ家庭教師β All Rights Reserved.
当サイト内のすべてのテキストの無断転載・無断転用は法律により固く禁じられています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。